Pocket

friend

こんにちは。

早いもので今年も12月に入りました。

日に日に気温も下がって冬へと移り変わっていますね。

さて、今日はちょっと友人関係について思った事を

書いてみようと思います。
昨日から長男の友達が自宅へ泊まりにきています。

長男は来客をずっと楽しみにしていて

最近はご機嫌でした。

その友達は愛知県からやってくるそうで

年齢は長男の一つ下。
ん?

そんな遠方に友達?しかも同級生でもないし・・・

どうやって見つけたと?

実はもう数年来の友人らしく出会いはツイッターとのこと。

木曜の夜はきまってスカイプでグループ通話。
彼以外にも数人の仲間がいる様子。
でも、顔はあまり知らないとか・・・
僕ら世代以上の方なら「考えられない」のではないでしょうか?

それらを聞かされて、

顔も見たことない友人が泊まりにくるなんて多少不安はありました。
しかし、昨夜帰宅すると

長男の部屋から彼が出てきて、きちんと挨拶もするし

ニコニコと明るいし、可愛げがあるじゃないですか!
しかもご丁寧にお土産まで持ってきてくれてました。

僕も名古屋に住んでいた時もあって
愛知の名物や場所、美味しい食べ物屋さん等の話で盛り上がり

不安が一気に吹き飛び、親近感まで湧きました。

インターネットが当たり前になったこの時代

新たな友達の作り方があるんですね。

特にうちの子は障害があるし
保育園・小学校・中学校・高校、あらゆる場面で友達と同じようにできず

ついていけなかったので友人を作るのもあまり上手じゃなかった。

でも、同じ趣味や価値観、好きな声優、好きなアニメ、ゲームなど

僕からしたら「オタク」に思える分野だけど

彼らは強い「絆」で結ばれているようです。

いつも繋がっていられる仲間なんですね。
イキイキしている長男を見ると僕も嬉しくなりました。

今朝は早くからカラオケに出かけて、夕方はなぜかわからんけど「スーパー銭湯」へ

夜はあらたに数人集まって「食事会」らしいです。
面白いですよね~

若者にはついていけないかもしれないけど

若者を理解する努力はしていこうと思いました。

でも、よく考えたら

僕もネットでお水を販売してから全国にお知り合いが出来ました。

普通では絶対に知り合えない方々とのご縁を頂いています。

しかも、自分と同じような価値観の方々ばかりです。

こう考えたらインターネットってスゴイですね。

これから、まだ見ぬ誰かと出逢えると思うと嬉しくなりますね。

長男に負けないようにこれからも日本全国に

お知り合いを作っていこうと思います!
それでは、また。

にいほ